青。もしくは緑。

ゲーム(主にスポーツゲーム)と雪ミクに関するお話をまったりと

【FIFA19】セインツでビッグ6に挑むキャリアモード記 その5

f:id:monstergoggles:20190521112626j:plain

こんにちは。

仕事が立て込んでおり、久しぶりの更新となりました。

今回は2018-19シーズン冬の移籍市場の獲得についてです。

先日「買収」というチートを使って移籍予算は確保しましたが、

効率の良い補強をするために、移籍金フリーの選手ばかり獲得しました。

 

冬の移籍市場での移籍金フリー選手の獲得。

FIFAシリーズをやっている方なら既知だとは思いますが、他クラブから選手を獲得する際には、「移籍金」を支払う必要があります。

 

選手は所属先のクラブと、一定期間在籍する契約を結びます。

FIFAでは1年~5年の契約を結ぶことができるのですが、

契約期間内に他クラブに移籍する場合は、選手を獲得したいクラブが「移籍金」を支払う事で、選手を獲得することができます。

(クラブ間交渉後に、今度は選手と給与や待遇についての交渉が必要です)

 

ところが、23歳以上で残り契約期間が6か月未満の選手は、

「契約が切れる6か月後(期間満了)にクラブ入団する」という形式を選択すれば、

所属しているクラブとの契約が切れるので所属先がフリーになっている選手を

獲得した。(=移籍金は発生しない)という扱いになります。

 

能力が高い選手は移籍金がかなり高いので、数多く獲得するのは難しいですが、

移籍金フリー選手の獲得であれば、多く獲得できます。

f:id:monstergoggles:20190521112441j:plain

 本当はPSG所属のアドリアン・ラビオが移籍金フリーで獲得できそうだったのですが
冬の移籍市場が開く前に、トッテナムが獲得してました・・・。

 

来シーズン飛躍のために、8名の選手を獲得。

それでは獲得した選手の一覧です。

f:id:monstergoggles:20190521110600j:plain

ST マリオ・バロテッリ(28)OVR83 所属元ニース

LW アントニー・マルシャル(23)OVR84 所属元マンチェスター・ユナイテッド

LW ダニー・ウエルベック(28)OVR78 所属元アーセナル

LM コケ(27) OVR86 所属元アトレティコ・マドリード

RM アンドレアス・ペレイラ(23)OVR78 所属元マンチェスター・ユナイテッド

CDM ダニエル・アマーティ(24)OVR76 所属元レスター・シティ

CB ヤン・フェルトンゲン(31)OVR87 所属元トッテナム・ホットスパー

GK ダビド・デ・ヘア(28)OVR92 所属元マンチェスター・ユナイテッド

 

青字にしている選手は来シーズン(2019-20)のスタメン候補です。

8名とかなり獲得しました。

補強する際には、1.足が速い 2.当たりに強い 3.OVRが高い のうち、

2点に該当する選手を選びました。

私のような初心者は、どうしてもこの3点が高い選手じゃないと戦えないですね・・・

 

マルシャル以外は年齢が高めなので、他クラブからオファーがあれば

移籍金をある程度釣り上げて交渉して、予算を増やす事を考えています。

(現実にそんな事したら、サポーターから批判されそうですが)

これだけの人数を獲得したのは、来シーズンに飛躍をしたいため。

過密日程になると、スタメン組の疲労が蓄積してしまうため、ターンオーバー制で

サブ組とローテーションしています。

しかし、サブ組になると途端に戦力が落ちてしまうので、勝利がなかなか掴めません。

選手層を厚くする事で、少しでも勝利の確率を上げたいというところです。

f:id:monstergoggles:20190521173001j:plain

また、デ・ヘアをフリーで獲得した事による当てつけなのか、

マンチェスター・ユナイテッドから正GKのマッカーシーにオファーが来ました。

来年はデ・ヘアが来るし、リアルでも控えGKのアンガス・ガンがスタメンだし・・・

という事で思い切って移籍金1100万ドルで売却しました。

 

来シーズンのスタメンを考える

f:id:monstergoggles:20190521114225j:plain

現在のスタメン組を見た上で、今回の補強選手を当て込んでみます。

<FW> 

LW:マルシャル(OVR84)

ST:バロテッリ(OVR83)orラッシュフォード(OVR83)を併用

RW:プリシッチ(OVR83)

FW陣はOVRが83以上となりました。

上記4人中3人がスタメンで、誰かがベンチで考えています。

 

<MF>

CM:コケ(OVR86)

CM:チェンバレン(OVR81)

CM:レミナ(OVR79)

ベンチ:ホイビュルク(OVR78)

※アルベルト(OVR83)は移籍候補

中盤はレミナのみOVR80未満ですが、フィジカルが強くて足も速く、

守備的なCMとしては優秀なので来シーズンもスタメンで考えています。

一方、アルベルトはこちらがイメージするようなトップ下的な動きをする訳でも、

センターハーフとしての守備力も無く、どうにも使い勝手が悪いので

来シーズンの夏の移籍市場で売却する予定です。

その上で、レミナがベンチに入るくらいのCMが欲しいところです。

 

<DF>

LB:チルウェル(OVR78)

CB:フェルトンゲン(OVR87)、フート(OVR77)

※ヴェスターゴーア(OVR79)は移籍候補

RB:ゴメス(OVR78)

ディフェンス陣は最も弱いですね。

フェルトンゲンは能力が高いですが年齢が高いので、オファーがあればすぐ売却する

予定です。またフートはこれから能力が伸びる感じもなく、

チルウェルもどこまで成長してくれるか微妙なところ。

サイドバックのゴメスはCBもできるので、可変システムを行う時は便利なのですが

リバプールのアレクサンダー・アーノルドの方が攻撃力があり、FKも蹴れるので

入れ替えをできれば・・・なんて考えています。

ヴェスターゴーアは、顔がリアルフェイスでは無いので売却予定です。

 

<GK>

GK:デ・ヘア(OVR92)

ベンチ:アンガス・ガン(OVR77)

初のOVR90越え選手は、デ・ヘアになりました。

youtu.be

 

 

FWとGKは落ち着いたのですが、MFとDFはまだまだですね。 

来シーズン(2019-20)の移籍市場では、この辺りを補強していきたいと思います。

 

【FIFA19】セインツでビック6に挑むキャリアモード記 その4

こんにちは。

キャリアモードは12月を終えました。

ダイジェストで試合を振り返ってみます。

 

第17節 アーセナル 0-2×

 

 

第18節 ハダーズフィールド 2-0○

スタメン組で臨み、アルベルトとプリシッチのゴールを決め勝利。

 

第19節 ウエストハム・ユナイテッド 1-3×

控え組で望むも相手のクロスとハイプレスに対応できず。チェンバレンミドルシュートで1点を返すも敗戦。

 

第20節 マンチェスターシティ 1-1△

前半にリードを奪われるも、後半にプリシッチの同点ゴールでなんとかドロー。

 

1勝2敗1分けと負け越し・・・。

やはり下手な私にはまだワールドクラスは難しいのか・・・。

 

 

冬の移籍市場が開いた直後にチートをしてしまいました・・・。

 実は夏の移籍市場で調子に乗って、積極的な補強を繰り返した結果、

チームの資金がほぼ底を突いてしまいました。

冬の移籍市場では、契約が残り半年の23歳以上の選手が

移籍金ゼロで来シーズン開幕に獲得できる美味しい期間にも関わらず、

完全にスルーするしかない状況に。

 

仕方ないとは思いつつも、こんなに美味しい期間をみすみす逃してしまうのは

もったいない・・・と思っていたところ、カタログに「買収」という

悪魔のようなアイテムを見つけてしまいます。

この「買収」は、現実のサッカー界でもよく行われるようになった、

資産家によるクラブの買収をイメージしています。

「買収」が行われると、クラブ予算が緊急で補充され、一気に資金不足が解消される

という、チート以外の何物でもないアイテムです。

しかし、私は過去のシリーズで使った事が無いアイテムだったので、

興味本位で購入をしてしまいました。

どれぐらいクラブの資金が増えるのかな?と思ったものの、買収したはいいが

クラブの資金が全く増えません。

・・・???と思いながら、自分がイメージしていたような即座に資金が振り込まれる

のようなものではないのか・・・と思い、セーブをしてゲームを進めました。

すると・・・

f:id:monstergoggles:20190309210504j:plain

こんなニュースが飛び込んできて・・・

 

 

f:id:monstergoggles:20190309210551j:plain

クラブ利益に謎の資金が投入されてしまいました・・・。

セーブもしてしまって、オートセーブも他に進めているクラブ分で消えてしまい、

もうどうにも戻れなくなってしまいました・・・。

もうこうなったら仕方がないですが、冬の移籍市場の間の移籍は控えて、

前述の移籍金ゼロの移籍のみ行おうと思います・・・。

 

www.soccerdigestweb.com

ちなみに、サウサンプトンは2009年にスイス人実業家が買収されたのですが、

2017年に中国人実業家のガオ・ジーシェン氏が買収されていたようです。

プレミアのクラブは実業家のワンオーナーが多いですね。

 

【FIFA19】セインツでビッグ6に挑むキャリアモード記 その3

こんにちは。

キャリアモードは既に12月に突入しました。

チャンピオンズリーグヨーロッパリーグが無いので進みが早いですね。

f:id:monstergoggles:20190220234316j:plain

現在順位は2位と現状の戦力からすると出来過ぎの順位なので、

ここから全敗覚悟で難易度をワールドクラスに変更。

3戦して1勝2分けと思ったよりは良い結果ですが、チャンスを全然作れず、奇跡的に失点していない幸運だけで引き分けているので勝ち点はこの先失速しそう。

しかし、難易度を上げると強豪クラブと下位クラブの実力差も感じるようになったので、よりリアルさは感じられるようになりました。

 

 

f:id:monstergoggles:20190219220746j:plain

フォーメーションを4-3-3に変更しました。

スタート当初はFIFA16の頃から使ってきた

4-5-1(4-2-3-1)を採用。

4-5-1は中盤で横パスを回しながら相手ディフェンスのマークが外れた味方にパスを出してシュートまで持って行けたのですが、

FIFA19は横パスを回してても相手ディフェンスがあまり崩れません。

むしろ守備陣形が整う前に、縦に速いパスを出して、一気にフィニッシュまで持って行く方がいいのでは…と思い、前線にパスの出しどころが多い3トップにしました。

4-3-3というとマンチェスターシティやリバプールのようなタレント揃いのチームじゃないと機能しないと思っていましたが、思いのほか使いやすいフォーメーションに感じました。

 

4-3-3は攻守のバランスがいい

 

スタンダードな4-4-2と比べると、中盤が3人というのはバランスが悪いようにも見えますが、むしろ人数が各ポジションごとに等分されているので、好守どちらも一定の人数が参加する、バランスの良いフォーメーションと言えます。

ただ、攻守が入れ替わる度にそれぞれが結構な距離を走る必要があるので、

個々の持久力も求められるポジションのようにも感じます。

 

冬の移籍市場が開く1月までに、いい順位をキープしていきたいですね。

 

【FIFA19】セインツでビッグ6に挑むキャリアモード記 その2

こんにちは。

弱小セインツでビッグ6に挑んでいますが、苦戦し始めてきました。

前回の記事では「難易度プロにしてたら全勝してリアルじゃない」とか言ってたけど

難易度プロのままでもプレミア6節で負けました。リバプールに。0-1で。

 びっくりしたのが、リバプールのゲーゲンプレスが再現されている事。

ボールを失った瞬間に激しいプレスが来るし、高い位置でもプレスをかけてくる・・・

苦し紛れに出したパスはカットされてカウンターを食らうなど・・・。

そこも再現されているのは嬉しいのですが、対策がきちんとできないと

次回対戦した時にもやられてしまいそう。

以降もなかなか勝てない試合が続き、10節を終えて6勝2敗2分けで3位。

戦力的には上出来なんでしょうか。

 

 

ラッシュフォードさん、アルベルトさん成長期が終わる。

f:id:monstergoggles:20190212135841j:plain

前回の記事では次代のスター候補選手を獲得した事について書きましたが、

移籍金が安いうちにポテンシャルの高い選手を獲得して、トレーニングで能力を

向上させて強豪に立ち向かおう・・・と思っていたのですが・・・

なんとその目玉の3人中、2人の成長期(有望選手)がわずか1か月ちょっとで

終わってしまった・・・。

まだまだOVRとポテンシャルに開きがあるはずなのに・・・。

 

f:id:monstergoggles:20190212135954j:plain

ラッシュフォードさん。

獲得してからOVRは+2で現在83。ポテンシャルは90なのでまだまだ伸びしろが
あるはずなのに・・・。

 

f:id:monstergoggles:20190212140112j:plain

アルベルトさんは獲得してから+1でOVR83。

アルベルトさんはポテンシャルが87なのでもうちょっと伸びるはずなのに・・・。

仕方ないので他の成長期(有望選手)を育てる事とします・・・。

 

f:id:monstergoggles:20190212140354j:plain

ちなみにチームで一番成長しているのは既存でいたアンガス・ガン。

OVRは74(+3)。

 

 

FIFA名物の選手の不満

10節を終えた辺りで、セインツで元々10番のエースナンバーを付けていた

チャーリー・オースティンが文句を言ってきました。

f:id:monstergoggles:20190212140824j:plain

もっと試合に出せ、という不満。

FIFAのキャリアモードをやっていると、結構頻繁に言われる機会のある不満です。

でもお前、逆足精度は標準以下だし、動き鈍いし、大した事ないじゃん!

とか思いつつも次の試合で交代出場で出してみたら・・・

 

f:id:monstergoggles:20190212141625j:plain

試合中に肩の脱臼で8週間の離脱。

おおオースティンよ!ケガしてしまうとは情けない!

 

 

 

サブ組(カップ戦)のスタメン

f:id:monstergoggles:20190208201122j:plain

 

このようにサブ組のスタメンでもあったオースティンなのですが、

彼のケガのおかげで、サブ組の勝率がより厳しくなりそうです・・・。 

 

 

【FIFA19】セインツでビッグ6に挑むキャリアモード記 その1

こんにちは。

今更ですがFIFA19のキャリアモード(監督)をプレイし始めました。

初心者なのですが、新要素に順応しながらプレイしていきたいと思います。

 f:id:monstergoggles:20190208195040j:plain

クラブはサウサンプトン。日本代表の吉田麻也が所属しており、愛称は「セインツ」。

アンダーアーマーサプライヤーなので、そのイメージに合う身体能力重視のチームで

プレミアリーグの強豪クラブ「ビッグ6」に挑みたい。

 

f:id:monstergoggles:20190208145042j:plain

クラブから与えられた主な目標は、

FAカップベスト16

・2シーズン以内にUEFAカップ圏内に入る

プレミアリーグ中位に入る

 

となんとも現実的。

リアル(18-19シーズン)では全然勝てず、

監督が交代してようやく16位(2/8現在)の弱小っぷり。

こんな弱小チームを強化していくのもキャリアモードの楽しみ方の一つ。

 

夏の移籍市場で戦力の大幅な入れ替えを実施

弱小セインツにはポテンシャルが85以上の選手がおらず、OVRもほとんどが80未満。

なのでまずはスタメンのOVRを80以上にするべく大幅に戦力の入れ替えを実施。

 

<IN>9名

FW/MF:ルイス・アルベルトラツィオ)移籍金48.5M

MF:チェンバレンリバプール)移籍金30M

FW:ラッシュフォード(マンチェスターU)移籍金19M※ガッビアディーニトレード有

DF:ジョー・ゴメス(リバプール)移籍金16.5M

DF:チルウェル(レスター)移籍金14.5M

FW/MF:プリシッチ(ドルトムント)移籍金7.5M※エルユヌシトレード有

MF:アルフォンソ・デイヴィス(ホワイトキャップス)移籍金6.3M

DF:オックスフォード(ウエストハム)移籍金1.75M

MF:アンヘル・ゴメス(マンチェスターU)移籍金1.6M

 

基本的に次代のスター候補と目される選手ばかり。

アメリカ代表のプリシッチに、

 

マンチェスターUの10番、ラッシュフォードの二人を攻撃の中心にしたい。

 

他にも走るのが速くて競り合いにも負けないパワフル選手を中心に獲得。

しかし誤算だったのは、チェンバレンが有望選手(成長期)では無かったこと。

アーセナルでパッとしなかった頃は元同僚の解説者から酷評され、

リバプールに移籍後にブレイクしたものの、その後大怪我をして

18-19シーズンを棒に振るという不運っぷりが反映されているような・・・。

しかし、センターハーフとしては走力もあり能力のバランスも良い。

ちょっと高めの移籍金を払ってでも獲得したので活躍して欲しいところ。

リアルでもケガから復帰したみたいなので活躍して欲しい。

 

 

<OUT>11名

FW:ガッビアディーニ(マンチェスターU

FW:ロング(スタッド・レンヌ

MF:エルユヌシ(ドルトムント

MF:ジェームズ・ウォード=プラウズ(アスレティック・ビルバオ

MF:ロメウウエストハム

MF:デイヴィス(フロジノーネ

MF:マックイーン(バンフィエルド

DF:バートランドビジャレアルCF

DF:セドリック(VfBシュトゥットガルト

DF:スティーヴンス(ブライトン)

GK:フォースター(FCシャルケ04

一定の年齢の選手や固有フェイスじゃない選手はオファーがあれば積極的に放出。

ジェームズ・ウォード=プラウズはクロスの能力は高いもの、脚が遅いのが

どうしても気になって思い切って放出。

 

f:id:monstergoggles:20190208161027j:plain

スタメンはこんな感じ。

デフォルトのフォーメーションは5-4-1なのだが、どうもしっくりこなかったので

馴染んでいる4-2-3-1を基本フォーメーションにした。

(最近は4-3-3が主流で時代遅れと言われているらしい!)

 

とりあえずFIFA19に慣れるために難易度は「プロ」にしてやっているけれど、

5節終えて5勝無敗の首位という、リアルさの微塵も無い状態なので、

難易度を上げるか、アシスト機能を外すなどして調整したいと思います。